いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ

アトピー性皮膚炎を説明するサイト 


アトピー性皮膚炎は様々な原因で皮膚のバリア機能が低下し、刺激を受け、アレルギー性の炎症を起こし、これを慢性的に繰り返す病気です。発症は幼児期から大人までありますが、完治の難しい病気とされています。うまく付き合っていかなければならないのですが、まずはアトピー性皮膚炎について正しい知識を身につけましょう。

サイトマップ TOP >

根拠に基づく医療と動物レベルの効果

ステロイド外用剤に対する誤解から、さまざまな所謂「民間療法」を試される方がいます。



そこで考えてみたいことがあります。

書店などでも、アトピー性皮膚炎治療の「千人体験談」あるいは「8千人の体験談」などという本をよく見かけますが、そうした体験談で治療の有効性を証明できるのかという問題です。

「千人もの人が治ったんだから、その治療は効くのではないか」を思うかもしれません。

ですがよく考えなければいけないことがあります。

例えば治療を受けた人が5千人いて、2年後にこのうち千人が治っていたとします。

もしその人たちが治療を受けなかったとして、自然に治った人が500人しかいなければ、確かにこの治療法は統計学的に有効です。

ところが、治療を受けても受けなくても自然に治る人が千人いるのなら、それは自然治癒と同じですから、この治療に効果はありません。

たとえ「千人が治った」としても、つまりこの「千人の体験談」が事実でも、その治療を受けなくても治ったかもしれないのです。
中にはこんなこともあります。

治療を受けた人が5千人いて治った人が千人います。

ところが治療を受けなかった人がやはり5千人いて自然に治った人が2千人いれば、結果は自然治癒より低いのですから、この治療は有害です。

アトピー性皮膚炎の治療でもこうした例がありますから、十分に注意しなければいけません。

たとえ千人、1万人が「証言」し、本人にとっては本当であっても、それが有効な治療法であるとは限らないのです。

いいかえると、皆さんも友人から「私の子供はこれで治ったのだから、あなたの子供にもきっといいに違いない」と勧められることがあるかもしれませんが、勧めている当人が治ったと思っていても、その治療が有効だと証明したことにはなりません。

その治療を受けたグループと、受けなかったグループで、治った人の割合を科学的に比較しなければ、本当に有効かどうかは証明できないことを、是非、理解していただきたいと思います。



「ステロイドは、アトピー性皮膚炎の悪化の原因だった。長年の動物実験で証明した」というようなタイトルの本がありました。

ついつい信じたくなりますが、治療の有効性の基準では、動物実験に基づく意見は、最も信用度が低いレベルとなっています。

人間と動物は違います。

確かに医学はまず動物実験から始めます。

動物実験で「この治療法は効きそうだ、安全だ」となると、次に人で調べることになります。

人でどのくらいの量を使ったら効きそうか、副作用はどうなのかなどを調べて、「このあたりの量が効きそうだ」ということがわかると、最後に「ランダム化比較試験」という試験を行います。

この試験では医師も患者も分からないようにして実薬(本物の薬)と偽物の薬(プラセボ)をランダム(無作為)に振り分けて使ってもらいます。

そして最後にふたを開けて、実薬を使用した人と偽物を使用した人で治療効果に違いがあるかどうかを調べ、統計的に明らかに実薬の方で治った人が多ければ「この薬は確かに効く」ということ認可されます。

普通は新薬が世の中に出回るまでに、動物実験から始まって5年から10年くらいかかります。

エビデンスの水準」(エビデンス=医学的な根拠)という表を見てください。

上から下にいくに従って信頼度は低くなります。

「ランダム化比較試験」が最も信頼性の水準が高く、上記の「千人の体験談」は治療していない人との比較がないので、「症例集積研究」、つまり治療法として推奨しないグレードCに当たります。

動物実験などの基礎研究は、さらにその下のグレードDです。

こうした病態生理や基礎研究に基づく意見は話題性がありしばしばマスコミも取り上げますが、実はエビデンスとしての水準は最も低く、すぐに患者さんに役立つものではないことを知っておいてください。

エビデンスの水準(オックスフォードEBMセンターの表を簡略改変)

推奨グレード エビデンス水準 治療・介入研究のデザイン
A 1a
1b
ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシス
個別(ひとつ)のRCTで質の高いもの
B 2a
2b
コホート研究のメタアナリシス
個別(ひとつ)のコホート研究、質の低いRCT
3a
3b
症例対照研究のメタアナリシス
個別(ひとつ)の症例対照研究
C 症例集積研究
D 病態生理や基礎研究に基づく専門家の意見



アトピー性皮膚炎は治らない病気?
アトピー性皮膚炎は20世紀後半に急増
アトピー性皮膚炎は普通の皮膚とどう違う?
アトピー性皮膚炎は多因子性の疾患
アトピー性皮膚炎は食物アレルギーと一緒?
食物とアレルギー
食物アレルギーの除去代用食一覧
アトピー性皮膚炎の治療の3つの柱
アトピー性皮膚炎の薬は臨時の防波堤
ステロイド外用薬の5ランク
ステロイド剤を正しく使い副作用を回避、外用薬の塗り方と間欠塗布
2歳になれば使えるタクロリムス軟膏
ステロイドの副作用と誤解
根拠に基づく医療と動物レベルの効果
アトピー性皮膚炎のスキンケアのABC
アトピー性皮膚炎の掻かなくなるヒント
アトピー性皮膚炎の食生活と住環境
アトピー性皮膚炎の夜型生活の影響
アトピー性皮膚炎の妊娠中の食物制限
アトピー性皮膚炎を治すのは自分自身
リンク集
あなたもきっと良くなる!アトピー性皮膚炎を自分で改善する5つの法則
アトピー地獄からの脱出!
アトピー性皮膚炎は治る 稲葉式アトピー改善プログラム
妻が90日でアトピーを治した方法教えます!!アトピー性皮膚炎克服プログラム
99.7%のかさかさ、じゅくじゅく肌のアトピー肌がつるつるになった生活改善術(小児アトピー対応版)
小児アトピー改善法




治療




アトピー性皮膚炎を説明するサイト All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。

HIV・エイズの基礎知識C型肝炎の基礎知識白内障の症状と治療口唇ヘルペスってどんな病気?痔の種類と症状と養生法関節リウマチの新しい治療法緑内障ってどんな病気?社会不安障害(SAD)とはニコチン依存症アトピー性皮膚炎のQ&A不眠症を語る〜睡眠がとれないとどうなる?不眠のQ&A〜インフルエンザを予防しようメタボリックシンドローム〜高尿酸血症編〜関節リウマチガイド〜関節リウマチを知る〜もしかして喘息?喘息とアレルギー性鼻炎のつながりとは肺炎球菌予防ワクチンとはアトピー性皮膚炎を説明するサイトアスペルガー症候群を知る〜基礎編子宮頚がんとは妊娠・授乳と喘息治療じんましんとは?PETによるがん健診を知る睡眠時無呼吸症候群とはしっかり治そう慢性副鼻腔炎しっかり治そうこどもの中耳炎声のかすれ「嗄声(させい)」とは?大人のアスペルガー症候群との接し方うつ病サポートガイドステロイド薬不使用のアトピー治療についてアトピー・アレルギー・喘息のサイト家庭の食中毒〜発熱・腹痛に要注意〜超わかりやすい認知症ケアのマニュアルレーシックではなく近視を改善する視力回復法選ぶ・使うコンタクトレンズガイド老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する自閉症の自立の支援ガイドもしかしてアスペルガー症候群〜診断とテスト〜こういう病院は危険です〜医療を選ぶ〜インプラントの達人が伝える100%成功の秘密ED治療の最前線パーソナリティ障害とは花粉症の治療法最前線インプラント治療の知識と費用と歯科医の選び方不安障害を説明するサイト尿酸値と痛風年齢・原因別不妊治療ガイドうつ病とは〜症状と治し方〜いびきの治療と原因